Sweet JAM & PAN
キャバリアJAM&PANとワンパク野球小僧の日常。

プロフィール

kiyomi

Author:kiyomi
■JAM■ 1月26日生・トライ・♂
■PAN■ 8月17日生・ブレン・♀
■たろう&じろう■ 中2&小5

最近の記事

最近のコメント

JAMはいくつ?

PANはいくつ?

カテゴリー

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2カウンター

現在の閲覧者数:

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) | page top↑
子どもの成長
昨日の夕方、JAMの散歩をしていたら近所のママに声をかけられました。
彼女には年中の男の子、D君がいます。

D君が家の前でお友達と自転車競争して、遊んでいた時の事
何度やっても、1位になれないD君。
悔しくて、悔しくて、大声で泣き始めたんだそうです

そこに偶然通りかかったじろうがD君のママに『D君、どうしたん』と、
声をかけたんですって。
理由を話すと、じろうはD君に、『僕と競争しよう』と、話しかけ、
一緒に自転車競走をしたそうです。

D君とそのお友達、そしてじろうの3人で競争開始
何と、じろうはわざとゆっくり走り、D君に勝ちを譲り、D君は2位に
喜ぶD君ですが、やっぱり1位じゃないと泣いちゃいました。
その為、じろうは数回D君と競争をしたんです。
が、D君、どうしても1位になれません

再び大声で泣き始めてしまったD君。
ママが『2位なんやからいいやん』と慰めてもダメ。
どうしようかと思っていたら、じろうが突然、

『おばちゃん。いい事思いついた
と、ある提案をしたそうです。

みんなで全力疾走して、最後にゴールした人が1位や

そして再びみんな並んで競争開始
順番にゴールして、最後にD君がゴール
みんなで『D君凄い 1位や やったな』と
声をかけ、D君も大喜び。満面の笑顔だったそうです

流石に、3回・4回と続けて行く内に、D君も『おかしいぞ』と思い始め
また振り出しに戻って、泣き出したみたいなんですけど

D君のママが
『じろう君の優しさと発想に、本当に感動したんです。ありがとうございました』
と、私に言って下さいました。


じろう、そんな事してたんですね。
何も言わないので、私は何も知りませんでした。
何時も家ではお兄ちゃんがいる為に、なかなか勝つことが出来ません。
家で『勝てない』と、駄々をこね、大泣きするのはじろうです。
そんなじろうだから、D君の悔しい気持ちが良くわかったんでしょうか。

でも、わかるからって、なかなか勝ちを譲れないですよね。
勝てる相手だからこそ、負けたくないですよね。

私もじろうのその行動が凄く嬉しかったです。
家に帰って、いっぱい褒めちゃいました

子どもって、目に見えない部分でいっぱい成長しているんですね。
【2005/11/22 12:24】 | JAM&PAN | トラックバック(-) | コメント(0) | page top↑










管理者にだけ表示を許可する

365カレンダー



bk-1

A8

おともだち

このブログをリンクに追加する

月別アーカイブ

ブログ内検索

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード

QRコード


copyright 2005-2007 Sweet JAM & PAN all rights reserved. powered by FC2ブログ.
成功するダイエット方法
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。